にきび あご

にきびがあごに・・・跡が残らないように治したい!!!

にきびはあごにできやすいと思いませんか?

大人になってからは特に、とにかくあごにできると治りにくいです。

 

一体どうしてニキビはあごにできやすくて治りにくいのでしょう。

 

あごにできるにきびは大人にきびが多い

思春期である10代にできるにきびはTゾーンにできることが多く、大人にきびと言われるものはあごやフェイスラインが多くて、大半があごにできると言っても過言ではありません。

 

思春期にきびの原因・・・成長期で新陳代謝が盛んなために皮脂の分泌が多い
大人にきびの原因・・・・・ストレスやホルモン分泌のバランスの崩れ。
                 あごは皮脂分泌が多く、女性はあごの毛穴があまり発達して
                 いないので詰まりやすくにきびがあごにできやすい。

 

そして、にきびがあごやフェイスラインにできると治りにくく、治ってもまたすぐにぶり返したり、放っておくと重症化しやすいのも特徴です。
重症化するとにきび跡になりますので、特に注意が必要ですね。

 

 

大人のにきび:あごにできたら

私も経験がありますが、何度も何度も繰り返してできるので困ったことがあります。
大きくなって芯ができるので早く小さくしたくて、いけないとわかっていてもつぶしたくなります。

 

ローズヒップオイルが良さそうだと思って使っても、使い方が悪かったのかよけいに悪化させたこともあります。
オイルで毛穴をさらにふさいでいたのでしょうね。(´Д`。)

 

あごのにきびは要注意!

  • 治っても治ってもまたできてしまう
  • 悪化しやすく、にきび跡ができやすい
  • あごはつい触ってしまう

 

大事なのは、早めに正しい治療をして治す
・・・これしかありません!
特に、女性は毛穴が十分に発達していないので特に注意しましょう。

 

 

あごの繰り返す大人にきびで凸凹肌ができた。。。でも消えました

 

私は40代の女性です。30代の頃、あごの大人にきびを繰り返し、間違ったケアできび跡になっていました。それが思いがけず消えていたんです、気づかない間に。
それは、天然成分のおかげなんです。

 

40代になってもあごのにきび跡が消えた体験>>>